<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

京都&名古屋骨董めぐり

今年もあとわずかですね。
先週末、寒波の中、京都&名古屋へ行って参りました。
京都では毎月25日に行われる北野天満宮での骨董市(天神さま)を目当てに。
前日は三十三間堂、平安神宮、南禅寺、銀閣寺を観光。
夕方、長楽館でお茶を。夕闇のなかで入り口の大木にはキラキラと電飾の飾りが
きれいでした。クリスマスイブなので、中ではピアノの生演奏をしていてディナーではなくて
ティータイムだけはもったいないなーなんて思いながらウインナーコーヒーとクラブハウスサンドイッチを
頂きました。

25日、朝8時ごろからけっこうな賑わいでした。
終い天神なので、野菜、漬物などお正月にむけての食品の露天もありました。
寒いのであまりじっくり吟味は出来なかったけれど、生地として使いたい羽織、ハギレを数点。
刺繍の綺麗な名古屋帯、創作こけしなどをみつけてきました。
途中、大判焼き、わらびもち、お好み焼きを頂きました。
屋台でびっくりしたのはたい焼きパフェです。
鯛が大きく口をあけた型にクリームやフルーツがパフェのように盛ってありました。
ちょっと気になりましたが・・・。
手持ちの荷物も重くなり、お昼過ぎに退散。

午後は久々におとづれたかった二条城へ行きました。
二条城は初めての夫は襖絵に感動していました。
夕方、閉門間際に清水寺へ到着。
暗闇の中景色がほとんどわからず残念でしたが、先日発表されました
今年の一文字「絆」の書を見てきました。

26日、名古屋のアンティークショップめぐりを。
ところが朝、三島駅にて倒木の撤去作業待ちで2時間近く京都駅で待機でした・・・。
お仕事の皆さん、大変だったでしょう・・・。
まず最初に金山にある「ノスタルジックマーケット金山」へ。
高架下にある建物にお店が連なっています。
ネットで見て気になったお店も見てきました。
企業もののホーロー看板、ショーケース、ぼて箱など、関東ではあまり見かけない珍しいものが
いっぱいで楽しんできました。
お値段もそれなりに高額なので買い物せず・・・。
次に地下鉄に乗って吹上の「アンティークマーケット」へ。
こちらは7階建てのビルの1階から4階までがアンティークショップです。
西洋骨董、和骨董と分かれています。
各階とも広い店内に見やすく綺麗に商品が並んでおり、店員さんも親切丁寧ですよ。
4階の和食器のコーナーにてお皿を数枚。
2階の家具、建具の売り場では干支のタイル画が一目で気に入り、悩む夫をけしかけて購入
しました。「何処に置くの・・・」何度もつぶやいてましたが、亥年の私と卯年の夫それぞれの
絵があったので♪
亥のお守りや置き物をみると「亥年以外の動物はいいなぁ・・・」といつも感じてましたが
タイル画なんて珍しいので。
今回の旅行で一番最後に良い買い物出来ました。

今年は大切な人とのお別れ、骨董市デビュー、公私共々新しい出会いもあり、学びの年でも
ありました。
震災後、家族や友人、仕事先の先輩後輩と普通に生活出来ることをありがたく思いました。

来年は「地球樹」として骨董市の商品もっと充実させて皆さんに喜んで頂きたいと思います。
勿論、現在の勤め先の問屋でも頑張って働いていきます。
今年も日記や写真を見て下さってありがとうございます。
来年も宜しくお願い致します。

a0228408_21243980.jpg

a0228408_21253057.jpg
        
[PR]

by chidorii | 2011-12-31 21:26 | 骨董市

2011年12月11日房総のむら

年に数回遊びに行く房総のむらへ友人連れて遊んできました。
震災あとは立ち入り禁止の建物も見学できました。
来年もお正月に遊びにいきますよー♪
a0228408_22301912.jpg

a0228408_2231124.jpg

[PR]

by chidorii | 2011-12-20 22:31 | 日常

振り袖 其の三

もう一枚、色振り袖です。
落ち着いた橙色です。
こちらは、扇、鼓と吉祥柄です。
やはり所々に刺繍が施されていますよ。
私の箪笥の着物達も戦前のものはありますが、
昔の職人の思いが伝わる品々です。
大切な資料として保存したいと思います。
a0228408_2313795.jpg

a0228408_2321052.jpg

[PR]

by chidorii | 2011-12-03 23:03 | 着物

振り袖 其の二

こちらは目が覚めるような鮮やかな黄緑色の振り袖です。
花鳥風月でしょうか?
可愛らしい鳥も飛んでいます♪
a0228408_22425335.jpg

a0228408_224422.jpg

a0228408_22475283.jpg

[PR]

by chidorii | 2011-12-03 22:48 | 着物

振り袖 其の一

築70年の日本家屋を建て直すという友人から「花嫁衣裳とモーニングがあるけど
どう?」と声をかけて頂きました。
振り袖も、黒振り袖、5つ紋が入った振り袖が2枚。
モーニングも2着。振り袖は友人の旦那様の伯母様のものだったらしい。
古いたとう紙には12年と判子が押してあったので昭和12年、戦前の着物です。
写真の枚数に限りがあるのでまず、黒振り袖から。
黒から裾に向かうと灰色にぼかしています。
柄はおめでたい松竹梅に鶴が描かれています。
丹頂鶴の頭と羽に刺繍が施されていました。
喪が明ける来年に結婚式を挙げられたらこの黒振り袖を着ようかな♪
a0228408_22335078.jpg

a0228408_22354548.jpg

帯締めもあります。
a0228408_2237973.jpg

[PR]

by chidorii | 2011-12-03 22:37 | 着物