箱根寄木細工体験。

 今日は生憎のお天気ですね・・・。
午前はいつも愛用しています、アイロン台の布の張替えをしました。
毎日使うので茶色く染みだらけに。
気持ち新たに製作できます♪

さて、昨日の日記のつづきを。

江戸時代から続いている箱根の伝統工芸、寄木細工。
一昨年、寄木細工の工房とお店が集まる畑宿へ訪れた際に
気に入りました金指(かなざし)ウッドクラフトさんへ。
場所が移動して、体験が出来るスペースもあり、1回700円で
コースターが作れます。

一袋に40個のパーツが入っており、作業机の上にも色分けされた
パーツがおいてあります。
自分の袋の中身と交換可能ですよ。

見本には、雪の結晶みたな幾何学模様以外に、猫、うさぎ、蛇など
動物の形に作ってあるものもあり、製作意欲を掻き立てられます。

夫は我が家のコザクラインコを作っていました。
まず、土台の上にパーツを組み合わせます。
色に悩みながら組み合わせ終了!
次に木工用ボンドで中心からくっつけていきます。
全部くっ付けて2時間くらい乾かして、
紙やすりではみ出たボンドをこすって完成です♪
乾燥する前に土台ごと持ち帰りなので1時間くらいでできるかな。

夫は「もう1個つくりたい!」と2個目に突入。
私は余ったパーツで小さいコースターを作りました。
3時間近くここにいたでしょうか。

曇り空で芦ノ湖からの冨士山はみれませんでしたが、
お土産の定番「記念メダル」を作りました。

3月下旬とは思えない寒さであちこち観光はしませんでしたが
また箱根に行きたいですね。

a0228408_1337263.jpg

猫とうさぎは見本
a0228408_13374566.jpg

コザクラインコにみえるかな?
a0228408_13382678.jpg

[PR]

by chidorii | 2013-03-31 13:41 | 日常